新しいメニューが生まれる予感 | ☆ valikko.LIFE ☆
常に更新中なので途中の記事もありますが、そんな過程も楽しんでもらえたらうれしいです。

新しいメニューが生まれる予感

先日、娘が体調を崩し、お医者さんにお世話になりました。

口内炎も出来ていたので先生にお話ししたところ、

先生:『生野菜食べていますか?』

私:『うーん。食べてるかなぁ?』

そう、我が家の子供たちは生野菜を残すことが多いので、ついつい出していなかったかも。と反省。

あたらしいレシピの発見は突然

その時先生から、

先生:『餃子にして揚げると良いですよ。』

私:『???』

生野菜 in 餃子?+揚げる? 

すぐにイメージできなくて、餃子と言えば肉やねぎニラが入っていますが、我が家の餃子は焼くものです。中身も生肉だし。

私はついつい、『餃子?』とそのまま聞き返してしまいました。

先生も『はい。餃子』と言います。餃子はうちでは焼くものです。揚げるといえば春巻きです。そして、中身は生野菜だというのです。生春巻きではありません。とにかく、加熱するとビタミンが壊れる。と言う事のようです。

よく聞いたら、皮は何でもよくてサッと加熱をして食べることが大切なようです。

とりあえず、分かりました。と、伝えて帰り道にスーパーへ行きました。

野菜と春巻きの皮を買って、ずっと、考えていました。生野菜と春巻きってどんな味なんだろう。どこを目指せばいいんだろう。グルグル頭をかき混ぜてるみたいでした(;´・ω・)

一番のポイントは

とにかく生の野菜を食べなさい。ということです。そのままで食べないなら。。。って事ですよね。きっと。

でも…私は、後から気づいたのですが、先生は『餃子にして揚げてください。』じゃなくて『餃子にしてあげてください。(食べさせてください)』だったのかも。

そもそも、勘違いしていたのかもしれない。

とりあえず、

お医者さんの帰り道、スーパーによってパプリカを購入。あとは家にあるキャベツとサラダチキンでも入れてみようかな?

数少ない生野菜レシピ

とにかくビタミンを採ってください。ということです。いつも私は栄養の事は、調理法や栄養を逃さない保存方法だとか、色々な情報を見ていると結局なんだかわからなくなってしまって、最終的に子供たちが喜んで食べてくれるもの。または、作りやすいものが私が作る献立の常連になっています。

もちろん加熱が栄養素を壊すとか、キャベツは水にさらすとビタミンが抜けるとか。
分かるけど、いつもそこまで考えてもいられません。生野菜レシピは私の中では苦手分野です。

作りやすいメニューを

子供が喜ぶ定番の生野菜のレシピをひとつや、ふたつ用意しておけばいいんです!

私の場合はコールスローサラダ、シーザーサラダ、位しかなかったのでこの生野菜春巻きはチャレンジです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です