子育て中ママのワクワクできる仕事の選び方 | ☆ valikko.LIFE ☆
常に更新中なので途中の記事もありますが、そんな過程も楽しんでもらえたらうれしいです。

子育て中ママのワクワクできる仕事の選び方

子育て中ママにお仕事のお誘いが来ることがあります。

私の場合は営業のお仕事のお誘いを頂きました。お仕事はしなきゃいけないし、でも子供が風邪ひいたらどうしよう?とか子供の行事でお休み取れるかな?など不安もあります。

そんな風に思っていると。

『子供が病気の時や行事の時はお休みできますよ。』という不安な部分にピッタリとハマル言葉についつい乗っちゃいます。

私はそれなら!としっかりとハマりました。…しかし、営業職って向き不向きあるんですね。サービス業でもあるんでしょうけど、私営業はダメだったんです。今までやったことなかったので仕方がないのですが、そのままズルズルと3年くらい続けてしまいました。本当に辛かったです。仕事も上手くいかないからそのまま家に帰っても気持ちは晴れず、モヤモヤした毎日でした。

やってみなければ分からないのでやってみるのは良いのですが、ダメだと思ったら辞める勇気も必要です。もし先にダメだとわかっているなら安易に誘いに乗らないことです。ただ、職場の相性もあるので決めつけず良さそうならやってみる。というチャレンジ精神も大切です。

ここではその仕事が本当にあなたに適した仕事かどうかを判断しないければいけないのです。そして、ダメだと思ったら無理をせずに辞めたいという旨を伝えること。これがとても大切です。

自分が楽しそうだな。と思える仕事なのかを考えよう。

もちろん営業が得意な人もいるのでそういう人はもちろんその道を選んでもらっていいのです。

大切なのは子供がいるからという理由だけで仕事を選ばない。

ということです。よくあるのがこちら。

  • 休みが取りやすい。
  • 土日が休みである。

 

私はこれだと事務職や工場勤務、営業職しか思いつきませんでした。でも私が好きなのは接客業なんです。

そう思っていると外へ働きに出るのが億劫になってしまっていました。

そして、子供たちが大きくなるのを待っていた。というわけではないのですが結果的に今なら大丈夫かな?というところにたどり着いたように思います。

子供がいるから土日に休みたい。もちろんそういう人もいると思います。でも私は一人の時間も欲しいので平日休みも欲しい。というのが本音です。

接客業というと土日が必須ですよね。土日どちらか旦那さんが休みならお願いしてみるのもありです。そうするとサービス業でも土日のどちらか出られれば良いでしょう。となることもあります。

年末年始やお盆も実家に帰りたい人は別ですが、特に毎年帰らなくても。と思っているならオッケーなんじゃないでしょうか?

自分がやりたい仕事なら優先度が変わって来るんです。

もちろん家族との時間は別で取るようにしたり、そんなに必要なかったり(-_-;)実際分からないところです。

自分を犠牲にしない

面接に受かるために時間いっぱい働けます。と言ってしまったり。会社の言いなりになって仕事時間を夕飯支度できるギリギリの時間までオッケーにしてしまうとか、とにかく仕事に就くために自分を犠牲にしがちです。

私のおすすめは短時間勤務または短期間の仕事です。主婦は帰ってから夕飯を作らなくてはいけません。帰って夕飯作る時間が2時間くらいは余裕が欲しいところです。

楽しそうな仕事を選ぶ。そこにあなたのワクワクがあります。

今回の私は楽しそうなものを選ぶことにしました。ひとつに絞らず良いなあ。面白そうだな。と思うものをいくつか選び、面接を受けながら他の求人も探していました。

面接を受けてみたら、なんか雰囲気があまり合わなくて断ったものもあります。

その後に見つけた求人でお店の雰囲気も良かったのでそこに決めました。

そのおかげで今は楽しく仕事が出来ています。また、短期ということで忙しくない今の時期だからできるというメリットもあります。春になると何かと忙しいのでこういう時はやはり短期の仕事はありがたいですね。

今回気が付いたのは私はサービス業、接客業が好きなんですね。短期なのが残念ですが、自分が好きな仕事に気が付けてよかったです。

子育てして初めて仕事をするお母さんへ

今の時代共働きが当たり前になり、家事分担も言われていますが、旦那さんとの家事分担も課題の一つです。お母さんが働き始めたばかりのうちは旦那さんもそう簡単には家事の対応はできません。

なのでまずは仕事から帰ってから家事をすることも考えて仕事時間を決めましょう。

8時間のフルタイムでは私には家事との両立は無理です。そして絶対に子供の朝の支度でバタバタになります。朝が早くない。というのはとても重要です。子供の病気より重要かもしれません。だって毎日ですから毎朝戦いですよね。いつも後悔しながら出勤してた過去を思い出します。

子供が小学生になればまた話は変わります。

短期、短時間がおすすめな理由

子育てしながら初めての仕事選びは短期や短時間で試してみるのがおすすめです。

やってみなければわからない。短期なら少し大変でも終わりが見えているので頑張れます。やっぱり辞めたい。となったときの負担は相当です。

まだ子供が小さい時はムリして仕事しない

仕事が好きな人は仕事して良いです。でもそうじゃなくて、みんながやってるから。という理由だったら無理はしない方が良いです。

子供が小さいと特に土日は仕事できません。私は事務が苦手なので事務を選びたくありませんでした。そうするとサービス業か製造業です。サービス業は土日休みというわけにはいきません。なのでしばらく仕事ができませんでした。

自分磨きの時間

仕事ができない間、私は職業訓練でwebデザイナーの勉強をしました。パソコンは超苦手でした。しかし、私はそこでパソコンに慣れることが出来ました。自宅で自営業としてweb系の仕事をやってきました。画像加工やイラスト作成、文章作成など、ほぼ仕事ではなくとにかく勉強でした。毎日パソコンを触っていたのでパソコンには慣れて以前のような苦手意識はなくなりました。💦

いよいよ仕事開始

ようやく4番目の娘が5歳になり休みの日でも私がいなくても大丈夫かな?と思い、短期の仕事をすることになりました。土曜日は旦那が仕事なので日曜日なら出られます。ということでサービス業で採用されました。

今まで子供がいると、子供が病気になったらだれが見ますか?とか当たり前に聞かれるわけで、それがなんか嫌で、もう面接も受けたくない気持ちでした。だって、私を見ていないんです。急に休まれちゃ困るとか。そうだけどねぇ。分かるけどさ。だから子供いても負けないスキルを身に付けようと考えていたことが今回の仕事でかなり活かされています。

次の仕事探しにワクワクしてます

是非、これから仕事を始めるお母さんは妥協せずに仕事探しをしてください。

自由に仕事が探せるとワクワクしてきますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です